menu
肥満を気にする女性

BMIの計算方法

ここでは敢えて「見た目」の問題から離れて、肥満とはどういう基準によって判定されるのか、という整理をします。
何故かと言うと、見た目の重要度は先述の通りとしても、実際のところ太っている人は痩せていることを必要以上に重視し、また自分の太っている状態を必要以上に悪く捉えてしまうからです。
この場合必要になるのが客観性によって評価するということです。

整理の為の指標になるのは、BMIという概念です。
これはBodyMassIndexの頭文字をとったもので、身長と体重の数値から体格を客観的に計算した数値を表します。
計算式は「BMI=体重kg÷(身長m)2乗」となります。

そしてBMIがどのように計算させるのかを理解したところで、その数値をどう評価すれば良いのか、というのが次のテーマになります。
日本肥満学会の示すところによれば、BMIの数値で以下のように定義しています。

  • 18.5未満であれば低体重(痩せ形)
  • 18.5~25未満であれば普通体重
  • 25~30未満であれば肥満(1度)
  • 30~35未満であれば肥満(2度)
  • 35~40未満であれば肥満(3度)
  • 40以上であれば肥満(4度)

具体的に計算してみましょう。
Aさんが身長が160cmで体重が58kgであれば、BMI=58÷(1.6×1.6)=22.66となり、標準体重であることが分かります。
Bさんが身長が155cmで体重が42kgであれば、BMI=42÷(1.55×1.55)=17.48となり、「低体重(痩せ形)」であることが分かります。
さらにCさんが身長が158cmで体重が75kgであれば、BMI=75÷(1.58×1.58)=30.04となり、「肥満(2度)」であることが分かります。

ところで普通体重とはどういう意味でしょうか。
これは病気にならない、健康を維持するに足る体重である、ということを示しています。
また低体重という言葉は、単に痩せているという以上の含みがあり、健康的ではないと言うことができます。
自分自身を太っていると考えている人は、痩せているのが良いと考えがちですが、痩せすぎていて健康状態を損ねる可能性があるということを数値で判断できるのは重要です。
また肥満にも度数があるということで、健康状態の参考になるでしょう。

BMIという指標を用いれば、このように言わば肥満度が数値で表されることになります。
このように客観的かつ科学的に自己分析をし、自分自身が現在どういう状態にあるのか、を知ることで減量への取り組みをスタートさせることができます。
BMIの値が小さすぎても問題ですが、大き過ぎると、その度合いによって健康状態をより大きく左右するほどの数値ということができます。
肥満度の度合いは、どのような病気のリスクがあるか、これは各自への宿題としましょう。
また低体重をモデル体重などと評してファッションモデルの規範にする、という風潮にEUなどが警鐘を鳴らしている、という点も重要です。

WHO(世界保健機構)の肥満度判定の基準とは

まず最初にWHOによる肥満の定義を知る必要があります。それは「脂肪組織に脂肪が過剰に蓄積した状態」ということになります。
そして肥満症とは肥満に菌または関連する健康障害を合併するか、その合併が予測される場合であり、医学的に減量が必要であると判断される病態とされます。

それではWHOは肥満度測定をどのように行っているのでしょうか。
先ほどBMIによる肥満の定義についても説明しましたが、日本肥満学会と異なるのは、日本が「肥満(1度)」と評価する段階は「要注意」程度になっている点でしょう。

つまりWHOの肥満度判定基準は、25以上でそのリスクがあり、30以上になれば具体的な健康問題を指摘することができる肥満度である、というものです。
そしてBMIが25以上のケースのうち、次のいずれかの条件を満たすものが肥満であるとしています。

  • 肥満に起因・関連し、減量(減量により改善または進展を防止)や健康障害を有するもの
  • 健康障害を伴いやすい高リスク肥満
    ウエスト周囲長のスクリーニングにより内臓脂肪蓄積を疑われ、腹部CT検査によって確定診断された内臓脂肪型肥満

なおWHOでは、この肥満度測定をあらゆる民族に当てはめて考える、とまでは主張していません。
むしろ民族や生活様式の違いによって、バイアスがあり得ると考えています。
つまりそれぞれの民族一人一人に様々な人生があるのであり、肥満度判定基準を見直す必要はないものの、ケースに応じてカットオフがあり得るという立場です。

さて今日では、世界の肥満人口は6億4千百万人と数えられています。そのうち男性が2億6千6百万人、女性が3億7千5百万人です。
WHOなどによれば、1975年からの40年間で、男性は3倍以上の11%に、女性は2倍以上の15%にまで上昇しています。

またWHOは他にも興味深い指摘をしています。
乳幼児の肥満が世界的に増加傾向にあること、18歳未満の子供でも増加傾向が見られるので、各国に実効性のある対策を促しています。
また意外なのは中低所得国で状況が深刻なことです。
経済成長に伴ってジャンクフードや砂糖の過剰摂取に陥っているというのです。子供時代に肥満だと、成人してからも肥満が継続しやすいという調査があります。
生活環境が大きく変わろうとしている時に、子供がその当事者になってしまったという構図です。

WHOの報告では、子供の肥満防止対策として、糖分を多く含む食品や飲料水、ジャンクフードなどの食事を避けて食生活を健全にすること、また十分な睡眠や適度な運動と言う生活習慣を、子供の頃から身につけさせることが重要であると結論づけています。
このことからも分かる通り、子供の肥満という問題はこれまで関心の低いテーマであったのが、いまでは緊急の対策を要する課題になってしまったということなのです。

関連記事

  1. 肥満度が高いと起こる健康被害とは

  2. 隠れ肥満度を表す内蔵脂肪の知り方、測り方

  3. フードファイターが太らないのはなぜ?

  4. 子どもの肥満度の計算方法

  5. 肥満は人生をも左右する

  6. 実は痩せすぎな日本人?世界の肥満度ランキング

ピックアップ記事

  1. 食事をすることが大好きでいつも食べ過ぎてしまったり、ボリュームのあるメニューばかり選んでしまう傾向が…
  2. 太っているだけでは、病院へ行って治療を受けようとは誰も考えないでしょう。ですが、太っていることで…
  3. 日本人は痩せすぎだと言われ、過剰なダイエットが問題にされることがあります。確かにアメリカなどの西…
ページ上部へ戻る